« 「政治哲学」とは何か:ディビッド・ミラー『1冊でわかる:政治哲学』 | トップページ | 「戦争責任」とは何か(2) »

2007/11/12

「戦争責任」とは何か(1)――ハンナ・アーレント「独裁体制のもとでの個人の責任」

責任と判断 責任と判断
ジェローム・コーン 中山 元

by G-Tools

・ハンナ・アーレント、ジェローム・コーン(編)、中山元(訳)『責任と判断』2007年、筑摩書房. 原著は、Hannah Arendt, Responsibility and Judgment, Schocken Books, 2003. 

・アーレントの戦争責任論に関しては、一時期、高橋哲哉氏などを中心とした〈忘却の穴〉をめぐる議論(=体制に都合の悪い事実を「最初からなかった」ことにする全体主義のテロリズムを問題視する議論。転じて「歴史修正主義」に典型とされる「歴史」の書き換えを警戒する議論)から注目されていた。

・しかしながら、『イェルサレムのアイヒマン』に代表されるアーレントの「責任論」の関心の所在はそれとは別のところにある。本書『責任と判断』はそうしたアーレントの「責任論」を中心として編纂された論文集である。アーレントが問題としているのは、「なぜ多くのドイツ人(とりわけ公職にある者)が安易にナチス体制に同調したのか」という点にある。
(裏返せば、ヒトラーが何を命じようとも、公職にある者が同調しなければ、ユダヤ人の虐殺は起こらなかった、という想いがある)

・アーレントが「責任」論で批判しているのは、主として以下のような類の主張である。
(a)「ナチス体制においては誰もが悪人であり、裁きなど偽善である。“現場”に居合わせない者に裁くことはできない。“誰もがアイヒマン”であって、誰にも罪がある。」

・このような類の主張に対し、アーレントは批判する。
(a')「誰もが罪がある」という議論は、「誰も罪がない」ということに等しい。「罪」の裁きは個人が何を「行ったか/行わなかったのか」の次元の問題である。集団に帰属することの「政治的責任」と、個人の道徳的行為による「罪」とは別の問題である。従って、ナチズムに関与しなかった若者が「罪悪感」を持つというのは議論として正しくない。

「しかしまだ若く、戦争中に何かをなすことはありえなかった世代の青年たちが、罪を感じる と主張するとしたら、その青年たちは間違っているか、混乱しているか、知的なゲームを演じているかのいずれかなのです。集団的な罪とか、集団的な無実のようなものはありません。罪と無実の概念は、個人に適用されなければ意味をなさないのです。」(同書、38頁)

« 「政治哲学」とは何か:ディビッド・ミラー『1冊でわかる:政治哲学』 | トップページ | 「戦争責任」とは何か(2) »

ハンナ・アーレント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27562/17048045

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争責任」とは何か(1)――ハンナ・アーレント「独裁体制のもとでの個人の責任」:

« 「政治哲学」とは何か:ディビッド・ミラー『1冊でわかる:政治哲学』 | トップページ | 「戦争責任」とは何か(2) »

twitter

Google


  • Google

スポンサードリンク

advertisement

無料ブログはココログ

お勧めの一冊