« 民主主義とは何か――森政稔『変貌する民主主義』 | トップページ | ナショナリズム論の最前線? »

2008/09/02

首相辞任

権力欲というものがあるかどうかは別にして、首相という役職は政治家誰もが目指すものであり、一度その職に就いたならば、「辞めさせられない」限りは続けようとするのが常識だと思っていた。
選挙の大敗での責任とか、予想外の不信任決議とか、金・女絡みのスキャンダルとかで「やりたいけど辞めさせられた」首相は何人もいたが、「自分から辞める」首相はいなかったような気がする。

・その常識が覆されたのは、昨年の阿部元首相の辞任であるが、それは阿部氏の性格によるものが大きいと思っていた。一年もたたずに、福田首相が電撃的に辞任表明したことで「辞めたいときに辞める」というのが首相の一つの政治オプションとなってしまった。そのことに正直驚きを禁じ得ない。

マスコミは政権のあら探しをし、首相や大臣がいかにダメかを強調し、誰が次のポストに就くかという不毛な議論を繰り広げてきたが、そのマスコミでさえも今回の福田氏の唐突な辞任は予想外だったのではないのか。

・福田首相の辞任会見中、無責任ではないかという質問に対して、「わたしは自分ことが客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです」というコメントが印象的だった。
本当に客観的に見ることができたのだろうか。政治を少し知った人間なら誰でも分かるように、その弊害は計り知れない。
 (1)国内政治では、首相・大臣がコロコロ替わることは、政治主導による官僚コントロール(それ自体は真っ当な主張だと思うが)に関して、百害あって一利なしである。
 (2)国外政治では、首相がコロコロ替わることは、クーデターでの政情不安の国と同じように「この国は本当に大丈夫か?」という信頼性の問題にかかわる。

所信表明演説をしながら辞任した阿部氏、内閣改造をしながら辞任表明した福田氏、その安易な辞任によって、ともに政治の「言葉」の説得力が大きく失われることになった。

・現代政治分析は専門外だが、「なんでこんなへんなことになったのか」という疑問は大きい。「よい政治をする」ことと「選挙で勝つ」ことが一致せず、その相克が現代民主主義の病理であることは度々論じられてきた。「いや、首相なんて誰がやっても同じ。重要なことは全部ウラで決まっている」というシニカルな見方もできるが、そうした見方が蔓延することに危惧を感じる。そうした政治の「現れ」(=表舞台)への徹底したシニシズムこそ、ナチズムが登場するときのワイマールドイツの雰囲気だったのだから。

« 民主主義とは何か――森政稔『変貌する民主主義』 | トップページ | ナショナリズム論の最前線? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27562/42352374

この記事へのトラックバック一覧です: 首相辞任:

« 民主主義とは何か――森政稔『変貌する民主主義』 | トップページ | ナショナリズム論の最前線? »

twitter

Google


  • Google

スポンサードリンク

advertisement

無料ブログはココログ

お勧めの一冊